呉善花(オ・ソンファ)の書籍を徹底紹介します。

ワサビと唐辛子―受け身の日本人、攻めの韓国人 その強さと弱さ |呉 善花

ワサビと唐辛子―受け身の日本人、攻めの韓国人 その強さと弱さワサビと唐辛子―受け身の日本人、攻めの韓国人 その強さと弱さ
呉 善花
祥伝社 刊
発売日 1997-06
価格:¥1,680(税込)




斬新な視点 2002-08-03
カラシとワサビ。この二つの香辛料の違いが、韓国人と日本人の違いを端的に表していると著者は述べています。読み進むにつれて、「なるほど、そうだったのか」という実感がわいてきます。韓国人はなぜあのように燃え上がれるのか、日本人はなぜ平常心を保とうとするのか。筆者の斬新な視点と理論展開に一気に読むことができます。外側から日本人の思考や感情を眺めるのにも最適な本であると思います。


■続きを読む


この記事は2006/7/29に作成しました。

【呉善花(オ・ソンファ)の経歴】
1956年韓国済州島(チェジュとう)生まれ。

韓国の大邱大学を卒業。大学時代に、4年間の軍隊経験。

その後、日本に留学。大東文化大学(英語学)卒業。

日韓のビジネスマンとの通訳・翻訳のアルバイトをしながら、東京外国語大学大学院修士課程(北米地域研究)修了。

在学中に発表した韓国人ホステスに関するルポルタージュ『スカートの風』が話題を集め、注目された。韓国人による韓国社会批判の先駆となった。

現在、拓殖大学国際開発学部教授。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら