呉善花(オ・ソンファ)の書籍を徹底紹介します。

日本的精神の可能性―この国は沈んだままでは終わらない! |呉 善花

日本的精神の可能性―この国は沈んだままでは終わらない!日本的精神の可能性―この国は沈んだままでは終わらない!
呉 善花
PHP研究所 刊
発売日 2002-12
価格:¥620(税込)




日本人の精神力と呼んでいいだろう 2005-02-03
韓国人である著者は、アメリカ留学の足がかりにしようと日本に来たものの日本的精神の素晴らしさに傾斜し、そのまま日本に居着いてしまった。

日本的精神といっても難しいものではない。例えば、中国や韓国には相手を罵倒する言葉がたくさんあるが日本にほとんどないのは、「汚い言葉をはくのはそれだけ自分が汚い証明である」という自浄心理があるからだという。
日本には外来の文化を受容してさらに発展させる力があるのだと主張する著者は、韓国では歪んだ茶器などは捨てられていたのを、日本人がその造形美に気づき「茶道」という道にまで築き上げると、それは韓国の文化が由来だったと主張し始める祖国のお粗末さまで暴露する。本書を読むと、韓国には日本が失ったものがあるという今日の韓国ブームは実は全く見当違いである事がわかる。日本にこそ韓国が失っているもの、もともと存在すらしないものが沢山あるのだ。
著者は日本の精神の中に、欧米とも対照的でアジアのものとしても異質な素晴らしさを見いだしている。その原因の解釈に関しては今後の検証を待たねばならないが、本書は日本人自身が気付いていない日本の長所を再認識させてくれる。


■続きを読む


この記事は2006/7/29に作成しました。

【呉善花(オ・ソンファ)の経歴】
1956年韓国済州島(チェジュとう)生まれ。

韓国の大邱大学を卒業。大学時代に、4年間の軍隊経験。

その後、日本に留学。大東文化大学(英語学)卒業。

日韓のビジネスマンとの通訳・翻訳のアルバイトをしながら、東京外国語大学大学院修士課程(北米地域研究)修了。

在学中に発表した韓国人ホステスに関するルポルタージュ『スカートの風』が話題を集め、注目された。韓国人による韓国社会批判の先駆となった。

現在、拓殖大学国際開発学部教授。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら